生き続ける59年のスピリット


世界を変えた年

「何だ、これは?」 英国のある新聞のチーフ副編集者は、全世界に配信された腰をくねらせながら歌う新人歌手の写真に殴り書きし、同僚に写真をポンと投げました。

エルビス・プレスリーというミシシッピー出身のトラックドライバーが、ルールブックを無視してあらゆることに挑戦していました。 かつて存在していた穏やかなゴスペルミュージックやセピア色の生活、それが今や鮮やかな色彩が世界の意識に根付いていきました。

プレスリーの強烈な叫び声は皮肉屋を駆逐し、終戦後の禁欲生活を棚上げにし、若者世代をほぼ一夜にして大きく変化させ、彼らは何でもできると思い始めました。

ジェームズ・ディーン出演の『理由なき反抗』は既に新たな道を切り開いており、どんな方法でも夢を追いかけられると若者に恐れのない自信を与えていました。

スペースレースと新しいバイク

1959年、個人主義のオーラ、保守派への不信感、急速な変化への欲求は、革新的なバイクに凝縮され、このバイクはその後59年モーターサイクルデザインのベンチマークとなりました。 Bonnevilleが誕生しもてはやされたのは、米国のジョン・F・ケネディ大統領や市民権運動のリーダー、マーティン・ルーサー・キング牧師が1960年代初頭に変化の情熱を駆り立てた時代でした。当時、スペーストラベル、コミックスに描かれる空想、ポップカルチャーが停滞を嫌う新たな潮流を映し出していました。

ストーンズ、ドアーズ、ディラン

60年代に時代が揺れ動き始めるまで、Bonnevilleは、カラフルな太陽をテーマに歌うビーチボーイズのリップカールスタイルや、両大陸で人気を博したミック・ジャガーやローリング・ストーンズなど、その時代のカルチャーウェーブを背負っていました ドアーズや、1959年にデビューしTriumphに乗っていたボブ・ディランについても触れておくと、彼らも脚光を集めてきたこのバイクと同様に、当時から現在までずっと人気の的です。

当時は影響力があり人口の多いベビーブーマー世代がすべて采配をふるい、彼らの監視から逃れられるものは何もありませんでした。 アート、文学、映画、そして写真。 あらゆるものが挑戦するためにそこにあり、さらに上の水準に引き上げられ、改良されました。

テレビは絶大な影響を与えました。 西部劇シリーズの『ボナンザ』では、Bonnevilleが発売開始して数ヶ月後にベン・カートライトと息子がNBCの鮮やかなカラー放送で主演し、世界は新たな可能性をつかみはじめました。

カオスと興奮に包まれた60年代の最初の数年間は、「まばたきすると見逃してしまう」ほどの社会的、政治的反逆が見られ、個人主義や輝かしい未来に対する楽観主義は、欧米両大陸の起爆剤でした。

ハーパー・リーの独創性に富んだ小説『アラバマ物語』は、人種差別、偏見、家庭内暴力に挑み、1960年に発表された当時と変わらず現在でも強烈な印象を残しています。 一方、ミュージックは、希望、恋愛、失恋、権力と戦う世代の不安について歌い、こうしたテーマはベビーブーマーの孫の世代にも未だに共感を持って迎えられています。



マックイーンとボニーの進化

「俗に言う」基準に挑戦が続けられ、Triumphの画期的なバイクも例外ではありませんでした。 その時代に合わせたサウンドトラックのように、独特のルックス、フィーリング、サウンドが心から離れず、今日まで高速モーターサイクルのトレードマークとなりました。

独特のシルエットは、静止状態でさえ時速100キロ走れそうで、よりパワフルなツインキャブエンジンがそれを確実にしました。 実際、ハリウッドのスター、スティーブ・マックイーンがBonnevilleに惹かれ、1964年カリフォルニア州バハの砂漠で改造した「Triumphデザートスレッド」でレースを行いました。

マックイーンのTriumph製品への愛着は1950年代後半に始まり、レースや「カウトレイル」のために数台のバイクに試乗しました。 最初の頃のお気に入りはTriumph 500sと650sでしたが、Bonnevilleがマックイーンの製品愛を次のレベルに引き上げました。マックイーンをまねて若者が列を成して、モトクロスで野原、ぬかるみ、小川、未舗装の道路を走り回りました。

クロスカントリー競技では、バイクは道路から多種多様な地形にシームレスに移動し、再度道路に戻って来れなければなりません。 Bonnevilleはその条件を満たす、最適な機種でした。


カスタマイザーの出現

史上初めて、改造に適したバイクが現れました。 購入してすぐに乗れましたが、カスタマイズする要望もありました。 個人主義の高まりが、アフターサービス部品のランク付けのブームとなり、Bonnevilleはまもなく伝説的なステータスを獲得しました。
「60年代に火星に行って、今日地球に戻り、2015年型のBonnieを見たら、即座にわかるでしょう」と言ったのは、モーターサイクルの歴史に詳しく、Triumphに関する本を3冊執筆したLindsay Brookeです。
「Bonnevilleはスポーツ精神を秘めた美しいフォルムのバイクです。 オーナーの関与を積極的に奨励します。 すべてのBonnevilleが原型を壊さないで、「自分流のマシンにして」と訴えています。 「ライダーがBonnevilleに惹かれるのは、メーカーが開発当初からコンセプトを認識している数少ないバイクのひとつだからです」

瞬時の転換

クイックスイッチにより、Bonnevilleはほぼ瞬時に転換します。 フットレストを前方に移動し、バーを上げて後方に動かし、フェンダーを取り外すと、Bonnevilleがホットロッド車になった気分になり、元に戻すとカフェレーサーのようになります。 当時も今も、自由に柔軟に改造できるという特色に集約されています。 この柔軟性は、1959年当時のモーターサイクル業界によって賞賛され、Triumphはベースユニットおよびそれを支えるパーツネットワークを製作したことで、欧米両大陸のどこでもカスタマイズが完璧に可能となり、拍手喝采を浴びました。

それは、BonnevilleがThruxtonにインスピレーションを得たカフェレーサーやハイバースクランブラーに難なく改造できることを意味しました。 Triumphがクルーザーの製造に着手したとき、その道筋はすでに設定されており、今日の美しいBonneville Bobberや肩肘の張らないSpeedmasterの方角を目指していました。

モーターサイクリングの技術および新たなアプローチ

Brookeは、「費用がかからない変更によりBonnieの特色が変わります。 ツールの基本セットを持ち、機械を扱える能力があれば、パッケージが届いたら誰もがヘッドライトの形を変えたり、10インチのライズハンドルバーを取り付けることができます。「ベーシックなプラットフォームはとても融通がきくので、今すぐカフェレーサーを製作して、数週間後にはBobberに戻すことができるので、ムードやライディングスタイルに合わせて改造できます。」と語っています。

変化は60年代初頭のスローガンでした。というのは、アートの世界では境界線が既に破られていました。アンディ・ウォーホルが制作したキャンベルスープ缶のポップアートバージョンや、マリリン・モンローが世界の方向を変えたことを見れば、デザインは完全に自己の方向を目指していました。


Brookeは、「費用がかからない変更によりBonnieの特色が変わります。 ツールの基本セットを持ち、機械を扱える能力があれば、パッケージが届いたら誰もがヘッドライトの形を変えたり、10インチのライズハンドルバーを取り付けることができます。「ベーシックなプラットフォームはとても融通がきくので、今すぐカフェレーサーを製作して、数週間後にはBobberに戻すことができるので、ムードやライディングスタイルに合わせて改造できます。」と語っています。

変化は60年代初頭のスローガンでした。というのは、アートの世界では境界線が既に破られていました。アンディ・ウォーホルが制作したキャンベルスープ缶のポップアートバージョンや、マリリン・モンローが世界の方向を変えたことを見れば、デザインは完全に自己の方向を目指していました。




59年のスピリットが理解できましたか?

試乗